メニューボタン

この会は、情報通信の健全な普及発展と情報通信の利用による国民生活の向上に寄与するとともに、会員の緊密な連絡と親睦を図ることを目的といたします。

お知らせ
防災情報通信セミナー2024の開催について

近畿総合通信局、近畿地方非常通信協議会、近畿情報通信協議会主催の防災情報セミナー2024の開催についてお知らせします。

本セミナーでは、災害の甚大化や多様化が進む中、能登半島地震を受け、ライフライン、交通、通信などの途絶による孤立が想定される状況下で、最前線で対応にあたる市町村と地域住民をつなぐ地域防災計画について、情報の受け手である住民向けの津波避難訓練アプリ等の普及に向けた取組等も含めて、わかりやすく紹介します。
また、発災時に有効な最新の防災情報伝達システムや各種防災機器の展示会を同時開催します。

1 開催日時及び会場
 (1)日時:令和6年6月12日(水) 12時30分から16時30分
 (2)会場:KKRホテル大阪 3F銀河の間
   講演会 14:15~15:15 (講演会の受付は、13:45から行います。)
   展示会 12:30~13:00、13:45~16:30 (講演中は入室できません。)

2 主催
  近畿総合通信局、近畿地方非常通信協議会、近畿情報通信協議会

3 協賛
  情報通信月間推進協議会

4 対象
  近畿地方非常通信協議会会員、地方公共団体防災業務担当者 等

5 講演会
  演題:「住民主体で実践的な地区防災計画をつくるためのポイント(仮)」
  講師:京都大学防災研究所 巨大災害研究センター 教授 矢守 克也 氏

6 定員
  100名 
  (定員に達した場合は、地方公共団体の防災業務担当者を優先します。参加費無料。)

7 参加申込方法
  下記リンク(近畿総合通信局 報道資料)をご覧ください。
  https://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01002180.html

皆さまのご参加お待ちしております。